第10節 サンプドリア vs ミラン ( 1 – 2 )

守備時と攻撃時のフォーメーション

サンプドリア守備時① 4 – 4 – 2

前半はセンターサークルの位置から前線がチェイシングを開始。ディフェンスラインは高くし、3ラインをコンパクトに保たせる。サイドにボールが移動すると4-3-3へ移行。1点ビハインドの後半は2トップが縦の関係になって高い位置からプレスをかける。

続きを読む 第10節 サンプドリア vs ミラン ( 1 – 2 )

第6節 ウディネーゼ vs ミラン ( 1 – 2 )

守備時と攻撃時のフォーメーション

ウディネーゼ攻撃時 3 – 3 – 1 – 3

センターハーフのアルスラン(22)が下がり、空いたスペースに右サイドハーフのデ・パウル(10)と右サイドバックのラーセン(19)がスライドし3-3-1-3を形成する。

続きを読む 第6節 ウディネーゼ vs ミラン ( 1 – 2 )

第5節 ミラン vs ローマ ( 3 – 3 )

守備時と攻撃時のフォーメーション

ローマ守備時① 5 – 4 – 1

Wボランチ・2シャドーの3-4-2-1から両サイドハーフが下がって2シャドーが開く。この形からWボランチの1枚がアンカーになる5-1-3-1、さらにボールサイドのシャドーが1列上がって5-1-2-2に状況に合わせて変化する。

続きを読む 第5節 ミラン vs ローマ ( 3 – 3 )