第4節 ユヴェントス 1 – 1 ミラン

[ SERIE A 21/22 ]

守備時と攻撃時の可変システム

ユヴェントス守備時① 4 – 4 – 2

ミランのビルドアップにはフラットな4-4-2で対応する。

ユヴェントス 4-4-2

ユヴェントス守備時② 5 – 3 – 2

ミランの左サイドバック、エルナンデスが高い位置を取ると、クアドラード(11)が下がって5-3-2に移行する。

ユヴェントス 5-3-2

ユヴェントス攻撃時① 2 – 3 – 2 – 3

ビルドアップは2-3-2-3のWW型。クアドラード(11)の中に入る動きとディバラ(10)の外へ流れる動きでボールを引き出す。

ユヴェントス 2-3-2-3

ユヴェントス攻撃時② 3 – 1 – 4 – 2

敵陣に入ってからは、クアドラード(11)とサンドラ(12)が高い位置を取り、ロカテッリ(27)が深さを取った3バックに移行する。

ユヴェントス 3-1-4-2

ミラン守備時① 4 – 1 – 3 – 2

ディアス(10)とレビッチ(12)が両センターバックを、レオン(17)・トナーリ(8)・サレマーカーズ(56)が2列目を見る4-1-3-2でユヴェントスのビルドアップに対応。ケシエ(79)の横にできるスペースを狙われてしまう。

ミラン 4-1-3-2

ミラン守備時② 4 – 2 – 3 – 1

自陣では4-2-3-1に移行する。

ミラン 4-2-3-1

ミラン攻撃時 3 – 1 – 4 – 2

ユヴェントスの2トップのカウンターを警戒し、トモリ(23)を最終ラインに残す。エルナンデス(19)とサレマーカーズ(56)が高い位置を取り、レオン(17)とディアス(10)、レビッチ(12)とトナーリ(8)のポジションチェンジでゴールに迫る。

ミラン 3-1-4-2

システムのマッチアップ

ミランのエルナンデス(赤19)にユヴェントスはクアドラード(白11)をぶつける。エルナンデス(赤19)の上がりに合わせてクアドラード(白11)が下がり、ミランは3-1-2-4、ユヴェントスは5-3-2に変化する。

エルナンデス(赤19)が中盤にいる状況ではフラットな4-4-2で守るユヴェントス。

エルナンデス(赤19)がポジションを上げるとユヴェントスは5-3-2へ移行。ミランはクアドラード(白11)のスピードを警戒し、縦への仕掛けが消極的になる。バイタルエリアでは最終ラインと2列目の距離が6m弱と非常に近い。ライン間を狭める事で密集を作り(黄⬜︎)、ミランの中央突破のボールを刈り取る。また、密集の中には外からボールを放り込みにくく、ミランの攻撃は手詰まりに。

第4節を終えて

ユヴェントスに上手く守られドローに終わった。左サイドの縦の仕掛けが機能しない場合に備え、崩しのバリエーションを増やしたい。

DAZN